fc2ブログ

夏休み・日帰り観光その1

2019.08.31.07:11

私の夏休み中、ココの歯石取り関連の色々があったので。
今年は旅行にはいかず。
ココを家で留守番させて、日帰り観光してきました。

その1、千葉県鋸山。
駐車場からロープーウェイで山頂へ。
IMG_7157_convert_20190827105436.jpg
山頂から、ロープーウェイを撮ってみたんだけど(赤い矢印の先)
手前の草とかぶっちゃった

まずは、鋸山名物、岩が突き出た絶壁へ。
IMG_7165_convert_20190827111913.jpg

岩のてっぺんで行き止まりになっていて。
IMG_7161_convert_20190827112238.jpg

そこから下をのぞくわけです。
IMG_7162_convert_20190827112421.jpg
確かに高さはあるんだけど、大して怖くなかったわ。

そこから、登りあり降りありのハイキングコースを歩きました。
こんな感じの中を歩いていきます。
IMG_7159_convert_20190827110116.jpg
コダマが出てきそうなところでしたよ。

こんな巨大な観音様もあったり。
IMG_7158_convert_20190827110949.jpg

ハイキングコースには千五百羅漢の道も。
写真の右側に石像があるの、わかるかな。
IMG_7173_convert_20190827110325.jpg

そして超デカな大仏様も。
IMG_7174_convert_20190827110412.jpg
約1時間半のハイキングでした。
筋肉痛になりそうだったけど、ちょうど良いハイキングコースでした。
この日は曇っていたので助かりました。

帰りは、海の幸を堪能。
IMG_7177_convert_20190827110437.jpg

ココの助、お留守番ありがとね。

今日のつぶやき
ぼくはそんなに歩けません、昼寝が一番
IMG_7180_convert_20190827110455.jpg

スポンサーサイト



3日目にして完全復活!

2019.08.27.10:41

「全身麻酔による歯石取り&抜歯」のその後です。
前記事は、施術2日目で段々元に戻りつつあるところでした。
2日目の夜、持ってこい遊びをしたそうだったのでおもちゃを投げたんだけど。
手でちょいちょいはするけれど、口では咥えられませんでした。
ご飯も、「これお口入れて大丈夫だろうか?」といった躊躇が見受けられまして。
いつものご飯なんだけどね。
口の中が今までと変わって、不慣れ感がハンパなかった。

それが3日目。
お母しゃん、あそぼう
IMG_7223_convert_20190827095806.jpg
この写真、ココがボーっとしているように見えますが。
キャンキャンギュルギュル、私に向かって甘え吠えしています。

そして、おもちゃを咥えるようになりました。
お口、だいじょぶみたい
IMG_7207_convert_20190827095651.jpg
洗濯物たたんでるから、ちょっとそこやめて!

早く投げて!
IMG_7210_convert_20190827095729.jpg
パンツ踏んでる!
元気いっぱいになりました。

そして、食欲も旺盛になりましたよ。
ぼくのうまうま、ある?
IMG_7220_convert_20190827095831.jpg
私がキッチンへ行くと、ひょっこり現れます(笑)。
ご飯は、いつものフードを朝からガツガツ食べるようになりました。

そして、「気管が細くなっているので、首に負担をかけないように」と言う獣医さんのお言葉を受け。
歯石取りと関係ないんだけど。
足を通さないでいい胴輪を買いました。
これするの?
IMG_7151_convert_20190827095900.jpg
でもこの胴輪、首を通さないとダメでして。
おまけにお腹の下を紐をわたして反対側で留めます。
その動作中、ココにさんざん抵抗されます
やだ、やだ、やだ、やだ(実際は、ギャンギャンガルゥ~~ね)
私:いいからじっとして!痛くもかゆくもないでしょ
散歩のたびに、毎回この攻防が繰り広げられます
最近涼しくなってきたので、お散歩復活です。

そう言えば…、なんだけど。
ハウスに閉じこもっていることが多かったココの助。
年取ったせいだと思っていたけれど。
もしかして、お口が痛かった?
ハウスの中で痛みに耐えてた?
歯石を取ってから、ハウスから出て、その辺で寝ていることが多くなりました。
前みたいにね。
じゃましないでくれる
IMG_7226_convert_20190827102303.jpg
失礼しましたっ!

3日目にして、完全復活です。
メッセージやご心配してくださった皆さん、ありがとうございました。
今回思い切って、歯石取りをして良かったです。
今年の夏休みは、ココの歯石に始まって。
セカンドオピニオンを受けるべきかの悩みから始まって。
ココの歯石取りで終わった感じです
夏休み中に、ココが復活できて良かった良かった



今回施術してくれたのはセカンドオピニオンの病院。
かかりつけ医ではないんです。
かかりつけ医を変えた方がいいのかとも思いますが。
なにかあって、急に私が一人で連れていくには、セカンドオピニオンの病院はちと遠い。
すぐ行けるのは、今までのかかりつけ医。
ココは13歳だから、これからいろいろあるだろうし。
今回体の中も調べてくれたセカンドオピニオンの病院とお付き合いしていくのがいいのかなぁ…。
13歳にして、獣医さんとの付き合い方が悩ましくなっちゃった。

今日のつぶやき
応援ありがとさんでした
IMG_7215_convert_20190827095923.jpg
全身麻酔で、何も起きなくて良かった~。

全身麻酔の歯石取り&抜歯

2019.08.23.11:17

昨日、全身麻酔による歯石取りと抜歯に行ってきました。
朝から絶食。
なんで、またここに来た?
IMG_7182_convert_20190823101100.jpg
かかりつけの獣医さんではやってもらえなかったので。
セカンドオピニオンの病院にて。
診察をしてから昼の12時に預け、お迎えは夕方の6時。

預けている間、電話がかかってくるんじゃないかと待機。
「もし麻酔で具合が悪くなったら即中止して連絡します」…と言われていました。
でも、かかってこなくて良かったよ。

6時前に病院にお迎えに行き、診察の順番を待ってココとご対面。
診察台の上には、看護婦さんに支えられ、まだボーっとしているココの助が。
ココを抱っこしたら、肉球がひんやりしていたよ。

そして、獣医さんから説明を受けました。
ココの口内環境はかなり悪かったそうで。
虫歯も3本あったそうです。
わんこは、虫歯にはあまりならないんですって。
歯石が溜まったり、歯肉炎になったりはするけど、虫食いにはならないそうです。
でもココには虫歯が3本あったということは、かなり口内に細菌がたくさん(種類がね)いたようです。
口内炎も複数あったそうです

歯石取りをしたらポロっと取れてしまった歯。
根元が腐っていた歯。
グラグラしていて、残しておいても意味がない歯。
それらを、全て抜いてもらいました。
奥歯の抜いたところは、縫ってあるそうです(溶ける糸なので抜糸は必要なしとのこと)。
IMG_7183_convert_20190823101130.jpg
かなりの数です。
でも、まだ犬歯も残っていて、3分の1くらいは残っているんじゃないかな。
残っている歯は、歯石が取れてきれいになりました。

これだけ歯が悪かったということは、普段も痛かったのか…獣医さんに聞いたところ。
多分痛みはあっただろう、ということでした。
でも、痛がる(苦しそうな)様子はなかったんだけど…。
ご飯も食べていたし
ただ最近口の横を手でかいていたから、違和感や痛みがあったのかな。
或いは最近、痛みが強くなってきたのかもしれないなぁ。

もしかすると、9歳ごろから歯磨きができなくなったのは、なにか痛みがあったからなのか…。
その頃、かかりつけの獣医さんにも何度か相談はしたんだけど…。
口を触ったり、歯を診ようとすると気が狂ったように怒ったココの助。
あのころから、口の中が痛かったから触られるのを嫌がったのか…。
あの頃口の中が見れたらなぁ…。
ここまで酷くなる前になんとかできたかなぁ…。
後悔やら、申し訳なさやらでいっぱい。
幸い、わんこは歯がなくても食べることには問題なくて良かったです。

これだけ歯を抜いたので、痛み止めと抗生物質のお薬が6日分でました。
夜の9時以降、柔らかいものを少し食べさせてもいいですよ、と言われたのですが。

帰宅してから、ココの助、ハウスに閉じこもりました。
眠いし、なんか調子悪いの
IMG_7186_convert_20190823101216.jpg
朝、チッコとうんPをしただけだから。
チッコくらいしてほしいと思ったんだけど、ハウスから出てこない。

ふらふらしながら出てきたと思ったら、下痢
メンタルやられちゃった?

結局、4回ほど少量の下痢をしました。
透明な下痢(粘液のような)にもなっちゃって。
抗生剤が原因かも(腸内のいい菌も殺しちゃってる?)と思いつつ、様子見。
下痢止めを飲ませようと思ったんだけど、頑なに口を開けないココの助。
痛み止めを点滴されたとはいえ、ココとしては口の中に違和感や鈍痛があるんでしょうね。
歯がなくなっちゃったんだし…。

夜の9時になっても、食欲は無し。
口元にお水を持っていても、飲まず。
擦りリンゴを持っていても食べず。
寝る前にチッコをしたので、ちょっと安心して就寝。

いつもは、私のベッドで一緒に寝るのにベッドにあがってきませんでした。
というより、ハウスから全く出てこないので。
寝室にハウスを持ち込み就寝。
夜中に一度、また少量下痢をしました。
このまま食べなかったら、薬も飲めないし。
明日また病院行かと心配しながら見守りました。
私はよく眠れなかったよ。

そして今朝、ようやく自ら水を飲みました。
そしてお粥をあげたところ、完食。
お口は変だけど、お腹はすいた…
IMG_7184_convert_20190823101238.jpg
抗生剤と痛み止めと下痢止めの薬も、チーズにくるんで食べられました。
よかった、よかった。
一安心、ホッとしました。
病院は、行かずに済みそうです。

ココは人間が食べるお菓子やうまうまは、食べていません。
あげるとしたら、食パン、フルーツ、野菜、納豆、豆腐、たまに肉。
それも少量ね。
でも、あんなに歯石が溜まるし、虫歯になっちゃうんですね。
歯磨きは大切。
ココには可哀そうなことをしちゃったけれど。
この経験は、いつかココの弟か妹に活かすよ。

食欲が出てきて、お薬も食べれて、チッコもして。
でも、口の中が気になるらしく、手で口の横をかいたりしています。
もしかして、痛いのかな。
そして、まだ少しふらついているココだけど。
日に日に、元に戻っていくと思います。
1週間くらいすると、口の中も落ち着くと獣医さんが言っていたので。
ココも、1週間くらいでお口の状況(歯がなくなったこと)に慣れてくれるんじゃないかな。

早く、元気にボール遊びをするココに戻りますように。

今日のつぶやき
お母しゃんのそばで寝よ
IMG_7187_convert_20190823101306.jpg
ブログを書いている最中、私の横で寝ていたココの助。
ハウスから出てこれるようになったので、ホッとしています。

検査してきたよ

2019.08.18.16:54

全身麻酔による歯石取りを実行するか否か…。
それを決めるための、検査に行ってきました。
なんか、やなよかん…
IMG_7140_convert_20190818154457.jpg
病院へ向かう車中では、あんにゅいなココの助。

朝から絶食して、10時ごろ病院へ。
お預かりで色々検査してもらって、午後3時ごろのピックアップ。

検査内容は、
血液検査(血球計算・生化学8項目・電解質)
レントゲン検査(4枚)
超音波検査・腹部全域スクリーニング
超音波検査・心臓
犬炎症マーカー
諭吉さんが3枚飛んで行ったよ(野口さんが3枚返ってきたけれど)

結果は…。
年相応に、ガタがきてるってさ
-1.jpg


腎臓に石が見つかりましたが、これは老化現象の1つとも言えるそうです。
数値は許容値より2オーバーでしたが、まだ薬を飲んだり手術をしたりする必要はないとのこと。
食生活の影響もあるそうで、原因になる食材を伺ったところ…。
ブロッコリーやほうれんそうですって
ブロッコリー、毎日食べてるぅ~
数年間、毎日食べたせいでしょうか
食べさせ過ぎた…。
即、ブロッコリー中止です。

そして心臓。
左心房と左心室の間の弁に隙間が空いて、血液が逆流することがあるそうです。
でも、これもわんこにはよくある老化現象だそうです。
状況が悪くなってきたら薬を飲む必要があるけれど、今はまだ大丈夫だそうです。
だからこそ、今のうちに歯石取りをした方がよいみたいです。
心臓の他の機能(例えばポンプ機能)には問題なく、麻酔をかけられるレベルだそうです。

腎臓と心臓については、3か月に1回くらいエコー検査をして進行具合を見ながら対処していきましょう。
…ということになりました。

そして、炎症マーカー値が許容範囲より高くでまして。
これは、多分口の中の炎症だろうということになりました。

内臓の老化は見た目ではわからないですが、今回検査をして良かったです。
内臓にも年相応の老化はあるものの、今すぐ薬を飲んだり手術が必要な病気がなくてほっとしました。

全身麻酔による歯石取りは、今週実施します。
検査が全てではないので心配は残りますが、何も問題なく終わることを祈っています。


今回の検査でわかった、上記以外のこと。

喉あたりの気管が狭くなっている、とのことでした。
確かに少し前から、「エヘ、エヘ」と咳き込むことが多くなりました。
やっぱりね、といった感じです。
これは老化現象とのことで、もっと気管がつぶれてくると咳が酷くなるそうです。
そうなったら、お薬で対処するほかないようです。
日常気をつけることとしたら、首を絞めつけることがないようにすること。
だから首輪はNGで、お散歩は胴輪に変更です。
ココの助、胴輪に足を通すのがダメなんです。
だから足を通さないでよい胴輪を、即買ったのですが…。
つけようとしたら、ガウられました
でも、こればかりは譲れないので流血覚悟(私の手がね)で胴輪装着に慣れさせないと!

そして丁度腰あたりの背骨がつまってしまっていました。
少し前から、腰が曲がった感じになっていたので納得です。
これも老化現象。
飛び乗る動作をさせないように、とのことでした。
スロープ買わないとダメかしら。

そして肝臓が小さいんですって。
レントゲンを見ながら先生曰く
「普通このあたりまでが肝臓なんですが、ココちゃんは、ここまでしかなんですよ」
「生まれつきのものでしょうね」

今回の検査で、肝臓に関する数値は全く問題ありませんでした。
普通より小さい肝臓でも、ちゃんと機能してくれているのね

13歳にして、まともな検査をしたのは初めて。
今まで大きい病気をしなかったからね。
これからは、3か月に1回の検査でチェックしていきます。
元気な老後を過ごさせないとね

今日のつぶやき
がんばったご褒美プリ~ズ
IMG_7150_convert_20190818154629.jpg
本番も、頑張るんだよ!

残暑お見舞い申し上げます

2019.08.13.15:20

台風の影響で、不安定な天気のココ地方。
とは言え、相変わらずの猛暑です。
梅雨が明けて、一気に猛暑になってからも夕方6時過ぎにお散歩に連れて行っていたのですが。
とにかくココの助、歩かない。
立ち止まる。
見つめる…。
なだめすかして何とか歩き出すものの、直ぐ止まる
ほんのわずかな距離なのに、とにかく時間がかかる

で、一昨日の夕方散歩で歩かなくなった時に(家を出て10メートルくらいね)。
「じゃあ、おうち戻る?」って回れ右してみたら。
すたこらさっさと家に向かって軽快に歩きだした
歩けるじゃ~ん、だったらせっかく出てきたんだから、散歩行こうよ~。
と、またも回れ右してみたら。
てこでも動かないココの助
で、早々に回れ右して帰ってきました。
以来、お散歩には行っていません。

まぁ、排泄は家の中でできるし。
老体には、外の暑さは超こたえるらしく。
あんなに行きたくないんだったら、涼しくなるまでお散歩はやめておこうと思います。
週末、検査だしね。
寝てばっかりで、動かないのもよくないとは思うんだけど。
あんなに嫌がるんじゃあ、本犬の意思を尊重するのが、良さそうです。


ここからは、私の老眼についてなので、興味ない方はスルーしてください。
私自身の備忘録です。
老眼鏡をかけるようになって、5年くらい(?)。
レンズをいくつ作り替えたことか。
私は今でも裸眼で1.5ありまして(両目とも)。
ですが、近くはどんどん見えなくなり、ぶれるようになり(乱視が入ってきたからね)、クリアな世界でなくなっちゃった。
仕事場では、手元で本(書類)を読む、パソコンをする用に近々眼鏡を作っています。
家では、パソコン用メガネと読書用メガネの2種類を使い分けています。
ですから、メガネは3つ持ってるわけです。
ちょっと前から仕事用の近々眼鏡が見えにくくなっちゃって、夏休みに作り替えることに。
今回は、自分の好きな形(フォックス型)でデザインの気に入るものをこだわって作ろうと思いまして。
わざわざお洒落なメガネ屋さんを探して、作ってきました。

お母しゃん、こだわると、気合入るからねぇ~
IMG_7121_convert_20190813143031.jpg
もう、お値段がとんでもないの
でも、気に入っちゃったの~
IMG_7124_convert_20190813143119.jpg
写真だと色がわかり難いけど。
パープルとブラウンがミックスした感じの色合いで、柄も入っています。
余りきつくないフォックス型。

お値段はお高かったのですが。
気に入ったものを身に着けてると、なんだか気分も上がりますよね。
心惹かれるものに出会うことって、なかなか無くなってきたけれど。
久々の「あっ、これ、いい!」っていう、出会いでした

今日のつぶやき
気に入ったものが見つかって良かったね
IMG_7125_convert_20190813143211.jpg

歯石取り・セカンドオピニオン

2019.08.05.10:33

麻酔をかけて歯石を取ることについて、かかりつけの獣医さんに相談したものの。
なんか釈然とせず。
前記事ね。
このまま様子見でいいのか、疑問でもあり。

しかも、ココがお口の両側を手でひっかくようになりました。
多分、お口の中が、何か気になる模様。
この状態が、私自身も気になって仕方なかったので。
セカンドオピニオンを受けに、他の獣医さんのもとへ。

数年前に、ココが日曜に具合が悪くなった時に診てもらった獣医さん。
親切・丁寧だったし、説明が納得できたことが記憶にありました。

かかりつけ獣医さんの見解も含め。
私の心情もお話しし、相談した結果。

先生曰く。
犬の年齢というよりは、麻酔をかけられる内臓の状態かどうかによって判断しましょう。
たとえ5歳であっても、内臓に問題があれば全身麻酔の歯石取りはやりません。
内臓の治療をしてから、歯石取りをする。
逆に15歳であっても、内臓が健康ならば全身麻酔で歯石取りをします。
実際、先日も15歳の子の歯石取りをしました。
まずは、ココちゃんが麻酔をかけられる状態かどうか、血液検査や心電図、エコー検査などをしましょう。
その結果、何か問題がわかったら、それを治療してから歯石取りを検討する。
問題なければ、麻酔をかけて歯石取りをしましょう。

ココちゃんのお口の状態は、悪いです。
歯石取りをするべき状態だし、同時に数本歯を抜くことになるでしょう。
歯を抜いても、問題ないですから。

ということで、検査の予約をしてきました。
検査で問題なかったときに、速やかに歯石取りができるように、その仮予約もね。
私が夏休みの間に、ココの歯石問題を解決したいと思っています。

まずは検査で、何か悪い病気が見つかりませんように。
日々の生活の中で、歯以外は気になることはないんだけど…。

今回は説明に納得できて、スッキリしました。
とは言え、全身麻酔をかけることは正直心配は残ります。
でも、歯石をこのままにしておいてよいとは思えないし…。
検査結果で、判断します。
半日お預かりの検査。
そんなこととは、つゆ知らず。
お気楽、エアコン生活のココの助。
なでなで、極楽ぅ~
IMG_7113_convert_20190805100308.jpg
悪い病気が、見つかりませんように。

今日のつぶやき
昼寝三昧~
IMG_7117_convert_20190805100608.jpg
検査、頑張るんだよ~。

プロフィール

chihoko

Author:chihoko
ココは14歳、2.3キロ小ぶりな男の子です。
見た目はパピー、性格はいこじぃ。
アトリエirodori作品のご紹介も。
2020年8月10日永眠。14歳4か月。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR